iPhoneが起動しない⁈(リンゴループ)【2022年最新!修理店が教える原因と対処法】

iPhone8データ救出リンゴループ(八千代でiphone修理のEyeSmart

iPhoneが全く起動しない・・・
Appleのロゴマークが出てきてループするようになった(アップルループ・リンゴループ)・・・

実はこの症状、とある原因で男性より女性のお客様が圧倒的に多い!!

iphoneが起動しなくなる・リンゴループする
理由は⁈



iphoneは前々からiOSのアップデート等の不具合や本体の初期不良などで起動しなくなることやAppleのリンゴマークがずっと出てきてしまう(通称:リンゴループ・アップルループ)等の症状は見られてきました。

そんな起動障害の数々は、実は圧倒的に女性のお客様が多いのは皆様ご存じでしたでしょうか?

iphoneの起動障害になるとデータとかはどうなる?

iphoneの起動障害になったお客様が一番最初に気になるのは大切なデータがどうなるかですよね。
結果から言いますと、起動障害になってしまっても内部のデータはまだ消えてはいません。
ただ、そのデータを取り出せなくなってしまっていますので、非常に危険な状態になります。

iphone 起動障害の種類

・iphone リンゴループ
この症状はiPhoneのiOSアップデートやバッテリーの劣化、本体の基板等様々な原因が考えられますが、その中でも一番多い原因はストレージがパンパンの状態でアプリなどの自動更新やiOSのアップデートをしてしまうことです。
ストレージがいっぱいの状態でアップデートなどをしてしまうと、アップデート分のストレージの空きがないためシステムがバグを起こしてしまいリンゴループしてしまいます。

・アイフォン 起動しない
こちらの原因は大体がバッテリーであることが多いです。時々、本体の基板が原因で起動しないこともございますが、基本的にはバッテリー交換で直ることが多いです。
後、考えられるとすれば充電口(ドッグコネクタ)が故障していてそもそもに充電できない、水没が原因で起動しないという場合もございます。

iphoneが起動しない症状は女性が多い?!

iphoneが壊れて悩む女性(八千代でiphone修理のEyeSmart

iphoneは男女どちらも多くの方が使用しています。その中で、iPhoneのリンゴループという症状が2022年現在、男性より女性の方が圧倒的に多いです。
リンゴループという症状はシステムのアップデート時等のシステムエラー等が原因で起きることが多い為、iOSアップデートやアプリの自動更新中にエラーになってしまった可能性が高いです。

でも、これだけでは女性のお客様が多い理由にはなりませんよね。
いよいよ、その理由をお答えいたします!

リンゴループの原因の1つはストレージに空きがない事!!

iphoneだけでなくAndroidスマホでも同じですが、女性のお客様は男性に比べ写真や動画が圧倒的に多いです。それらがiPhoneのストレージを圧迫している為、女性のお客様の多くは内部のストレージ(容量)が残り少ない状態、もしくは既にいっぱいの状態で使っていることが多いです。

この状態で自動アップデートやアプリの自動更新を行ってしまうと・・・

上記のようなシステムエラーが原因でお客様のアイフォンが起動障害を起こしてしまいます。
リンゴループの症状でご依頼されたお客様にストレージがギリギリだったか聞くと8、9割のお客様は『かなりギリギリまで入ってました』と答えます。

もし、この記事を読まれたお客様で心当たりがあれば、早急に容量を軽くする等の対処をオススメ致します。

アイフォンが起動しない時の対処法

アイフォンが起動しない時に、お客様自身で解決できるかもしれない対処法を3つご紹介致します!

①まずはiPhoneの状態を確認!

起動しないからといってすぐに充電しないで水に濡れていないか、外傷や水没反応が無いか確認してみてください!また、前日に水場に落とした等の心当たりがあるのであれば、充電したり、起動させようとしないですぐにイオンモール八千代緑が丘店内にある当店にご相談ください。

②iphoneを強制再起動をしてみる!

アイフォンの強制再起動という言葉は知っていますでしょうか?強制再起動とはシステムの調子が悪い時や本体の動作がおかしい時に有効な手段で、内部のエラーでフリーズしてしまう等の症状も強制再起動で直ることがございます。

強制再起動の方法

iphoneの強制再起動は機種によって方法が異なります。

・ホームボタンとスリープ(電源)ボタンを同時に長押しする方法
iphone6s以前の機種は基本この方法で強制再起動が出来ます。ホームボタンとスリープ(電源)ボタンを同時に長押しすると画面が真っ暗になります。真っ暗になる=電源が完全に落ちている状態なので、そのままAppleのロゴマーク(リンゴ)が表示されるまで押していただければ強制再起動は完了です。

・スリープ(電源)ボタンと音量の『下げる』ボタンを同時に長押しする方法
iphone7、iphone7pはこの方法で強制再起動が可能です。スリープ(電源)ボタンと音量の『下げる』ボタンを同時に長押しすると画面が真っ暗になります。真っ暗になる=電源が完全に落ちている状態なので、そのままAppleのロゴマーク(リンゴ)が表示されるまで押していただければ強制再起動は完了です。

iphone8以降の機種(iPhoneX系、iPhone11系、iPhone12系、iPhone13系も同じ)であれば基本この方法で強制再起動が可能です。音量の『上げる』ボタンを一瞬押し、次に音量の『下げる』ボタンを一瞬だけ押す、最後にスリープ(電源)ボタンを長押しします。そうすると、上記と同じで真っ暗になり電源が完全に落ちますので、そのまま電源ボタンを押し続けてAppleのロゴマークが出れば強制再起動は完了です。

アイフォンの起動障害が直らなければ

上記の対処法で直らなければ、諦める前に一度当店までご相談ください!
当店は八千代で8年以上、様々な機種を修理してきたプロフェッショナルです。
お客様が諦めているデータをスタッフが全力で救出致します。

iphone修理のEyeSmartはイオンモール八千代緑が丘店 4F ABCマートの裏手に店舗がございます。アイフォンのデータ救出はもちろん、他にも様々な機種、修理内容に幅広く対応しております。

郵送修理も行っている為、2022年現在では全国からAndroidスマホやスマートウォッチの修理をご依頼いただいております。郵送修理を依頼したいというお客様は是非、当店公式Lineからお友達として追加して頂き、トークにて修理したいスマホの機種、症状等を説明して頂ければ順次対応致しますので、宜しくお願い致します。

友だち追加

タイトルとURLをコピーしました