iPhoneXのバッテリー交換もEyeSmartへ!

千葉でiPhoneXのバッテリー交換もEyeSmartにお任せください!


今回の修理は千葉県千葉市中央区からiPhoneXのバッテリー交換になります。
iPhoneなどのスマホのバッテリーは夏や冬などになると劣化が顕著に現れてきますので、減りが早いと感じることや、バッテリーが膨張してしまう等様々な症状が出てしまうことがあります。

バッテリーはどれくらいで劣化するの?

iPhoneのバッテリーは大体2年ぐらいで劣化が顕著に現れます。
バッテリーが劣化してくると、様々な症状が出てきます。

バッテリーの減りが早い
まだ50%とか充電が残っているのに急に電源が切れる
さっきまで充電があったのに急にガクッと下がる
急に起動しなくなる
バッテリーが膨張する

などなど、他にもバッテリーが原因で起きてしまう症状は沢山あります!

簡単にバッテリーの状態が分かる方法!

iPhoneの設定から簡単に自分のiPhoneがどれくらいバッテリーが劣化しているのか分かる方法があるって知ってましたか?
iosが13.1以降なら誰でも確認することができますので、ぜひ確認してみてください!

iPhoneのホーム画面です。 『設定』をクリック
iPhoneの設定画面です。 設定の一覧から
『バッテリー』をクリック
iPhoneのバッテリー確認画面です。 『バッテリーの状態』をクリック
iPhoneのバッテリー容量確認画面です。 『最大容量』がバッテリー性能

Appleの公式ではこの『最大容量』が80%以下になったらバッテリーを交換した方がいいと説明しております。

『最大容量』はあくまで目安!信用し過ぎることは厳禁!

この『最大容量』の表示はある程度信用できるのですが、100%信用できるわけではないのです。

何台もバッテリー交換をしていると、システムの問題なのかiPhoneの使用年数は3年以上経っているにもかかわらず、『最大容量』は90%以上残っていることがございます。

お客様にお聞きしたところ、その表示は1年くらい全く変わっていないようです。
それでもここ何ヶ月か明らかにバッテリーの減りが早く、最近ではもう100%まで充電しても半日経たずに充電が無くなってしまっていたようです。

なので、バッテリーの『最大容量』はあくまで目安として見て、後はご自身で使っていて減りが最近早い等の症状が出たらバッテリー交換することをお勧め致します!

iPhoneの設定でバッテリーの減りが遅くなる!

バッテリーの減りが早い時は、バッテリーの劣化以外にも原因があることがございます。
それが、iPhoneの設定の問題です!

今回は特にやった方がいい設定方法をお勧めいたします!

①iPhoneの位置情報サービス

ポケモンGOやドラクエウォーク、マップなどのアプリは位置情報と連携しています。
位置情報はONにしたままでいると、移動するごとに通信するのでその分バッテリーの減りがかなり早くなります。その為、この機能をアプリを起動した時のみにしておけば、バッテリーの減りが良くなることがございます。

②画面の明るさ設定

常に明るさをMaxまで上げているというお客様は、明るさを暗くすることでバッテリーの減りが改善されることがございます。バックライトが明るい状態で使用していると、バッテリーが熱くなってしまったり、減りが早くなったりしてしまいますので、少し地味かもしれませんが、是非こちらもやってみてください!

③気温差に気を付ける

iPhoneの使用温度は0℃~35℃と言われています。それ以上、もしくはそれ以下の温度になってしまうと、バッテリーの減りが早くなってしまうことやバッテリー自体にダメージを与えてしまうことがございます。その為、夏や冬は特にバッテリーが劣化しやすくなります。また、夏や冬じゃなくても、ポケットに入れているだけで熱がこもり35℃以上になることも多いです。

更に対処法が知りたい方はこちら

iPhoneやandroid端末のバッテリーについて詳しく説明しておりますので是非ご覧ください!

タイトルとURLをコピーしました