iPhone12バッテリー交換修理もお任せ

iPhone12バッテリー交換修理もお任せ

iPhone 12を長期間使っていると、バッテリーが膨張する問題が発生することがあります。この現象は、スマートフォンユーザーにとって大変危険であり、適切な対策が必要です。ここでは、バッテリー膨張の原因とその予防策について詳しく説明します。

バッテリー膨張の主な原因

  1. 過充電:iPhoneを充電しながら長時間使用することは、バッテリーに過度な負担をかける一因となります。過充電が続くと、リチウムイオン電池の内部で化学反応が進み、ガスが発生して膨張することがあります。
  2. 高温環境iPhoneを高温環境に放置すると、バッテリーの内部温度が上昇し、膨張のリスクが高まります。特に夏場の車内など、極端な温度変化が影響を与えることがあります。
  3. 充電ケーブルの不良:不良な充電ケーブルや充電器を使用すると、バッテリーに適切な電圧が供給されず、過充電や過放電の原因となり、バッテリーの劣化が進むことがあります。
  4. バッテリーの老化:バッテリーは使用するうちに劣化していきます。劣化が進むと、内部の化学反応が安定せず、膨張するリスクが高まります。

バッテリー膨張を防ぐ予防策

  • 適切な充電習慣を持つ:充電は必要なときに行い、充電が完了したらすぐにケーブルを外すように心掛けましょう。特に、夜間の充電は避け、過充電を防ぐためにタイマーを利用するのも一つの方法です。
  • 高温環境を避ける:iPhoneを直射日光の当たる場所や高温多湿の環境に放置しないようにしましょう。夏場の車内や暖房の近くに置かないことが重要です。また、使用中に本体が異常に熱くなる場合は、一度電源を切って冷却することを推奨します。
  • 正規品の充電器とケーブルを使用する:Apple認定の充電器とケーブルを使用することで、バッテリーに適切な電圧と電流が供給され、過充電や過放電を防ぐことができます。安価な互換品は避け、品質の保証されたものを使用しましょう。
  • バッテリーの定期的なチェック:バッテリーの状態は設定から確認できます。「設定」>「バッテリー」>「バッテリーの状態」から、最大容量とピークパフォーマンスの状態を確認し、必要に応じてAppleサポートに相談することをお勧めします。
  • ソフトウェアの最新状態を保つ:iOSの更新には、バッテリーの管理機能の改善が含まれていることが多いです。定期的にソフトウェアを最新の状態に保ち、バッテリー寿命の延長を図りましょう。

バッテリーの膨張は、使用習慣や環境に大きく影響されます。日々のケアと予防策を実践することで、iPhone 12のバッテリーを長持ちさせ、安全に使用することができます。

それでは次に早速iPhone 12の画面修理を見ていきましょう。

iPhone 12の画面修理の手順

まず、iPhone 12の底部にあるネジを外します。このネジを外すことでパネルを開ける準備が整います。次に、薄いヘラのようなツールを使って、パネルと本体の間に差し込みます。このとき、画面と本体は防水シールでしっかりと接着されていますので、慎重にヘラを差し込んでください。粘着が強いため、力を入れすぎずに少しずつ開けるのがポイントです。

iPhone 12では、パネルの左側にケーブルが通っているため、ケーブルを傷つけないように注意しながらパネルを開けます。パネルが開いたら、次にプレートを外していきます。このプレートは複数のネジで固定されているため、ネジを一本ずつ丁寧に外していきます。プレートを取り外すと、バッテリーとパネルのコネクターが見えてきます。

パネルのコネクターとイヤスピーカーの取り外し

バッテリーのコネクターを外したら、次にパネルのコネクターを外していきます。iPhone 12のパネルには二本のコネクターがあるので、両方とも慎重に外します。次に、上部にあるイヤスピーカーとセンサーの部分のコネクターも外していきます。これで、パネルの取り外しが完了します。

パネルを交換する際は、イヤスピーカーとセンサー部分を新しいパネルに移植する必要があります。まず、イヤスピーカーのネジを外します。ネジを外した後、プラスチックのフレームに収まっているインカメラなどの部分も慎重に取り外します。この部分は粘着で固定されているため、洗浄液を使うと取り外しやすいです。イヤスピーカーが外れたら、新しいパネルにこれらのパーツを移植していきます。

新しいパネルの取り付けと最終確認

新しいパネルにパーツを移植し、ネジでしっかり固定したら、本体にパネルを取り付けます。コネクターをしっかりと接続し、最後にバッテリーのコネクターを取り付けます。コネクターが全てしっかりと接続されていることを確認したら、防水シールを貼り直します。古い防水シールを綺麗に剥がし、新しいシールを貼り付けます。

新しい防水シールをサインに合わせて貼り付けたら、青い保護シートを剥がします。最後に、パネルを本体に取り付け、ネジでしっかりと固定します。これでiPhone 12の画面修理が完了です。

修理を終えて気づいた点として、今までの機種とは異なり、iPhone 12は画面を左開きにする必要があるという点です。ケーブルを切らないように十分に注意しながら作業を行うことが重要です。他には特に変わった点はなく、手順自体は他のiPhoneと大きく変わらない印象でした。慣れている方であれば、問題なく修理できるでしょう。

iPhone 12特有の修理時の注意点

iPhone 12の画面修理には、他のiPhoneモデルと異なる点がいくつかあります。これらの注意点をしっかり理解することで、安全かつ効果的に修理を行うことができます。以下に、iPhone 12特有の修理時の注意点を詳しく解説します。

左開きの画面構造

iPhone 12最大の特徴は、画面が左開きである点です。以前のiPhoneモデルは右開きでしたが、iPhone 12では左側にケーブルが配置されています。このため、パネルを開ける際には左側に注意を払う必要があります。誤ってケーブルを引っ張ったり切断したりしないよう、慎重にパネルを開けてください。

パネルを開ける際は、薄いヘラのようなツールを使って、少しずつ隙間に差し込んでいきます。粘着が強いため、力を入れすぎずに徐々に開けることがポイントです。また、左側にケーブルが通っていることを常に意識しながら作業を進めてください。

防水シールの取り扱い

iPhone 12には防水シールが施されており、このシールがパネルと本体をしっかりと接着しています。防水シールを傷つけないように慎重にパネルを開けることが重要です。防水シールが損傷すると、防水性能が低下する可能性があります。

新しい防水シールを貼り付ける際には、古いシールを完全に取り除くことが大切です。古いシールが残っていると、新しいシールがしっかりと接着しないため、防水性能が確保できません。シールを剥がす際には、洗浄液を使用すると取り除きやすくなります。

バッテリーコネクターの安全な取り扱い

iPhone 12の修理では、バッテリーのコネクターを外す必要があります。バッテリーコネクターを外す際には、静電気による損傷を防ぐために、必ず静電気防止の手袋やリストバンドを使用してください。また、コネクターを無理に引っ張らず、専用のツールを使って慎重に取り外すことが大切です。

バッテリーコネクターを再度接続する際には、しっかりと固定されていることを確認してください。コネクターが正しく接続されていないと、電源が入らない、または不安定な動作になる可能性があります。コネクターが確実に接続されていることを確認するために、軽く押し込んでから再度確認することをお勧めします。

イヤスピーカーとセンサーの移植

iPhone 12の画面修理では、イヤスピーカーとセンサーの部分を新しいパネルに移植する必要があります。この作業は非常に繊細で、特にインカメラやセンサー部分の粘着を剥がす際には注意が必要です。プラスチックのフレームに収まっている部品を慎重に取り外し、移植する際には洗浄液を使用すると粘着が外れやすくなります。

移植した部品が正確に取り付けられているかを確認するために、ネジをしっかりと締め、パーツが動かないように固定します。特にセンサー部分は正確な位置に取り付けないと、機能が正常に動作しないことがあるため、丁寧に作業を進めてください。

iPhone12シリーズの電池交換修理もEyeSmart

iPhone修理のEyeSmartではiPhone12シリーズの修理対応中!

EyeSmartのiPhone修理サービスの強みは?

  1. 高品質な修理技術:EyeSmartの技術者は、最新の修理技術を習得しており、どのようなiPhoneの問題にも迅速かつ確実に対応します。画面割れ、バッテリー交換、水没修理など、幅広い修理サービスを提供しています。
  2. 安全で信頼できるパーツ使用:修理に使用するパーツはすべて厳選された高品質なものを使用しています。これにより、修理後もiPhoneの性能を最大限に引き出し、長期間使用することができます。
  3. 迅速な対応とスピード修理:お客様の時間を大切にするため、迅速な修理対応を心掛けています。ほとんどの修理は即日完了し、お客様にすぐにiPhoneをお返しすることができます。
  4. 丁寧なカスタマーサービス:修理前には詳細なカウンセリングを行い、お客様のご要望やお悩みに寄り添った対応をいたします。修理後もアフターサポートを充実させ、万が一の際も安心してご利用いただけます。
  5. 手頃な価格設定:高品質な修理サービスをリーズナブルな価格で提供しています。初めての方でも安心して利用できるよう、明瞭な価格設定を心掛けています。
  6. 多岐にわたる修理実績:これまでに多くのiPhone修理を手掛けてきた豊富な実績があります。経験豊富な技術者が担当するため、安心して修理をお任せいただけます。

 

♦︎他にも気になる記事はこちら↓

アクセス

アクセス

イオンモール八千代緑が丘店

千葉県八千代市緑が丘イオンモール八千代緑が丘に出店【千葉県八千代市八千代台勝田台エリア
店舗名 iPhone修理パソコン修理のEyeSmartイオンモール八千代緑が丘店
住所 〒276-0049 千葉県八千代市緑が丘2-1-3 イオンモール八千代緑が丘 2F
電話番号 047-481-8635
営業時間 10:00~20:00
定休日 年中無休
最寄り 八千代緑が丘駅より直結
駐車場 3時間まで無料 (3,000円以上ご利用でプラス2時間無料)
詳しくはこちら

ワンズモール長沼稲毛花見川店

EyeSmartワンズモール稲毛花見川外観画像
店舗名 iPhone修理パソコン修理のEyeSmartワンズモール長沼稲毛花見川店
住所 〒263-0005 千葉県千葉市稲毛区長沼町330-50ワンズモール2階
電話番号 043-441-4555
営業時間 11:00~19:30
定休日 木曜日
最寄り JR稲毛駅または 千葉都市モノレール スポーツセンター駅
駐車場 無料駐車場1500台
詳しくはこちら

イオンタウンおゆみ野 千葉市原店

EyeSmartイオンタウンおゆみ野千葉市原店                                
店舗名 iPhone修理パソコン修理のEyeSmartイオンタウンおゆみ野千葉市原店
住所 〒266-0033 千葉県千葉市緑区おゆみ野南5丁目37-1
電話番号 043-301-5070
営業時間 10:00~18:30
定休日不定休
最寄り 京成千原線おゆみ野駅から小湊鉄道バスにて約5分
駐車場 駐車場1000台
詳しくはこちら

イオンタウン旭・銚子店

EyeSmartイオンタウン旭・銚子店
店舗名 iPhone修理パソコン修理のEyeSmartイオンタウン旭・銚子店
住所 〒289-2511 千葉県旭市イ4337番地1 2階 204区画
電話番号 047-974-7112
営業時間 10:00〜19:00
定休日 不定休
最寄り 東西線(バス)旭中央病院東から徒歩1分 旭南ルート
駐車場 駐車場472台
詳しくはこちら
AppleiPhone12系対応エリア
iPhoneパソコン修理のEyeSmart(アイスマート)
タイトルとURLをコピーしました