iPhone修理時にバックアップは取るべき?

アイフォンの修理前にバックアップは必要?

アイフォン画面交換修理

iphoneのバックアップは絶対に取っておいた方が良いです。

iphone修理は、Appleのメーカー修理(正規店修理)は、修理後にデータの事でお客様と揉めないように、データを初期化させた状態で戻します。
私たち民間の修理店であれば画面割れや液晶漏れ修理、バッテリー交換等の修理をデータはそのままで行ってくれますが、それでも何かあった際にデータの保証は出来ないなどの免責事項に納得してもらったうえでの修理となっております。

iPhoneなどの修理後にデータが無くなるという事は一度も起きたことはございませんが、それでも人間が修理をしている以上、『100%大丈夫です!絶対にデータは無くなりません!』とは口が裂けても言えない訳です。

Apple正規店修理を依頼する前に絶対やった方が良い事Top3!

iphoneを正規店に修理を出す前にやっておいた方が良い事を修理スタッフがまとめました!

1.iPhoneのデータをバックアップを取る。
Apple正規店に修理を依頼すると、先ほど説明したようにデータは消えて帰ってきます。
大事なデータは、パソコンやiCloudにしっかりとバックアップを取りましょう。

2.iPhoneに残っているアプリ毎のバックアップやID、パスワードをメモする。
ゲーム等のアプリのデータやTwitterやインスタなどのアカウント情報をしっかりと覚えておきましょう。このデータや情報はiCloudにバックアップを取っても引き継がれません。

3.iphoneを初期化する前に『iPhoneを探す』をOFFにしておく。
Appleからも修理を依頼する前にこの機能はOFFにするようにと記載されております。
iphoneをAppleの正規店に修理に出したからといって、100%直って帰ってくるわけではございません。
場合によっては修理ではなく本体ごとの交換になることもございます。その時に、壊れたiPhoneは初期化してあっても『iPhoneを探す』がONになっていると最後に登録してあったAppleIDに紐づいてしまいます。その為、初期化後に防犯用のロックが掛かってしまい、AppleIDとパスワードを入れないと、使えなくなってしまいます。

千葉県内にある正規代理店は4店舗になります。津田沼、稲毛、船橋、柏にございます。非常に混み合いますので、事前に予約してからだとスムーズに受付が可能です。

iphoneを民間の修理店に依頼する前に 絶対にやっておいた方が良い事Top3

iphoneを民間の修理店に依頼する前にやっておいた方が良い事をまとめてみました!

1.アイフォンのデータをバックアップすること。
正規店での修理との違いやメリットは『データが基本的に無くならないこと』『即日での修理が出来ること』です。
ただ、それでも上記の通り100%データが無くなる心配はございませんとは言えないので、『大丈夫だけど、念のためバックアップ取っとこう』くらいの気持ちで取っておいてもらえれば大丈夫です!

2.アイフォンを持っているお客様へ(特に男性!) タブはきちんと消しておきましょう。
iphoneで直前まで見ていたであろう様々なタブはしっかりと消してから修理を依頼した方が良いと思います。殆どの民間修理店では、修理前と修理後に『動作確認』をさせていただいております。
こちらも出来る限り動作確認に必要な最低限の箇所のみしか見ないようにしておりますが、どうしてもタブを消すタイミングで様々なものが見えてしまうことがございます。
もちろん、スルーしてそのまま動作確認、修理をしていくのですが、正直に言うと修理後とかにちょっとだけ気まずくなりますよね笑

3.特にないです。

アイフォン修理は正規店と民間の修理店、どっちが良いの?

iphoneの修理はバックアップの有無によって民間と正規店、どちらが良いのかが変わってきます。
また、修理をご依頼されるアイフォンの症状や状態によっても全く違います。

アイフォンのバックアップが取れるのであれば

アイフォンのバックアップを取ることができる状態であり、iphone12系やiPhone13系なら出来るだけ正規店に依頼しましょう!
ここだけの話、まだ発売されてから余り経っていない機種は民間の修理店に出すリスクが非常に高いです。理由は、まず第一に新しい機種はパーツの品質がまだ安定していないことがございます。
当店の場合は検証機としてその機種を購入して直接検証を行う等、パーツの検品を行っておりますが、他の修理店では何らかの不具合などが出てしまう可能性もございます。

iphoneがキャリアの保証やApple careやcare+に入っているお客様

キャリア(au、ソフトバンク、docomo等)の保証やメーカーの保証(Apple careやcare+)に入っているお客様は、出来る限りそちらの保証を使った修理(正規店)をオススメ致します。
iphoneの様々な保証に加入している場合は一括でかなりの金額を一緒にお支払いしていることや、月々に携帯の通信費と一緒にずっと支払いをしていることが殆どです。

ところが、せっかく保証のお支払いしていても自分で開けてみたり、民間の修理店で一度でも内部を開けてしまうと、その時点で改造されたアイフォンという事になってしまいます。一度でも改造されたiphoneという扱いになってしまうと正規店での修理や交換が出来なくなってしまうので、民間の修理店に依頼してみて、ダメだったから正規で修理を依頼しようというのは難しいです。

iphone内のデータをバックアップする事が出来ない状態

今までiPhoneのバックアップを取ったことがない、ストレージがいっぱいでバックアップが取れませんでした等のお客様は、正規店に修理に出すのはオススメ致しません。正規店での修理は初期化されてiphoneが返ってくるので、元々入っていたデータは全て消えてしまいます。

症状にもよりますが、民間の修理店ならデータを初期化して返すことはございませんので、一度そちらに問合せして見積もりなどを聞いてみてから決めるのも1つの手段だと思います。

結果

iPhoneのバックアップは正規店、民間の修理店のどちらであっても出来る限り取ってから修理を依頼しましょう。正規店では100%データが無くなりますし、民間の修理店も基本的には無くなることはないけど、絶対では無い、保証は出来ないという事です。お客様のアイフォンに入っている大切なデータが無くならないように、しっかりと対策しましょう。

タイトルとURLをコピーしました