iPhoneが熱くなる原因

iPhoneが熱くなる原因

夏の暑さや充電中にiPhone・スマホが熱くなることが気になることがありませんか?

iPhone熱い

反対に「iPhone熱くならないし快適」「全然気にならないよ」という方もいます!この違いって何なのでしょう?今回はiPhoneの熱についてご説明します。

そもそもスマホは熱を持ちやすい

iPhoneに限らずスマートフォンは熱くなりやすい端末です。何故かというとカンが良い方はお気付きもしれませんが、スマートフォンはパソコンの様な役割をするものの冷却ファンが無いのです。そして狭い面積に充電式バッテリーと電子基板が密集して収められているので熱を持ちやすいのです。ですが、殆どの場合は熱を徐々に逃がしてくれているので大きな問題にはなりません。

特にiPhoneが熱くなる原因

特にiPhoneが熱くなりやすいポイントは

  • 充電中にiPhoneを使う。充電中に更にSNSを見ながら音楽もかけるなど複数のアプリ動作を同時に使う、充電中に動画を観るなど。
  • 複雑な作業を伴うアプリ(動画、音楽編集など)を使う。長時間iPhoneを連続で使い続ける。
  • 気温、室温が高い場所、直射日光の強い場所でiPhoneカバーをした状態でiPhoneを使う。

などがあります。

スマホが熱を逃がす仕組み

まずはiPhoneの内部から熱が外側のフレームに逃げていきます。この時、手で触ったら暖かいなど感じると思います。バッテリーや基板内部が忙しく働いていると徐々に発熱しています。

次に外側フレーム部分に逃げた熱は空気に乗って徐々に遠くに運ばれていきます。

このように空気に乗せて逃がす方法ですが送風ファンが無いため、パソコンに比べるとスマホは熱くなりやすいです。

そんなにiPhone熱くならないけど本当??っておっしゃる方へ

ちょっと待ってください。毎日のiPhoneの使い方によって、バッテリーや内部回路の状態は人それぞれになっていきます。

そもそも、iPhoneに限らずスマホは電子基板やバッテリーで発熱しますが、なぜ発熱してはいけないのでしょうか?発熱を放っておくとどうなるのという疑問が出てきます。

スマホ、機械の内部は基本的に全て消耗品

スマホ、iPhone、精密機器全般に言える事ですが精密機械はすべて消耗品です。内部の回路を使うとどんなに熱を逃がしていても少しづつ少しづつ小さく消耗、劣化していきます。スマホでも同じ様に毎日の使い方や使っている年数によって内部の回路の劣化具合は様々です。

iPhoneは防水密閉されているので熱も籠りやすい

最近では防水性能を高めたスマホが多く販売されています。当然、その反面に空気も密閉されやすいので熱がこもりやすいです。

想像してください、もしiPhoneの熱が全く逃げなかったら

もしも仮にスマホの熱が全て全く外へ逃げない状態があったら、皆さんはどうなるとおもいますか?

機械に使われている金属は熱に強いですが、それでも限界温度が来ると溶け始めますし、熱で徐々に変化してしまいますよね?

熱が籠りすぎると最終的に熱に耐えられずに回路が焼き切れたり、溶けたり、時にには焦げたりして故障してしまいます。最悪な場合は発火する可能性もありえますよね。

新しいiPhoneの発熱しにくい理由

買ったばかりのiPhoneは発熱しにくい理由は

  • 内部の基板やバッテリーが新品なので劣化が無いので重労働に耐えやすい。
  • データもあまり入っておらず、無理な使い方もまだ少ないため。
  • 時代的に見ても周りのアプリやサービスが新品iPhoneに追いついていないのでiPhoneのパワーに余裕がある。

そんな理由からiPhoneを新品に買い替えるのもありだと思いますが…

「自分が使っていたiPhone、まだ使えるのにもったえない!まだまだ使いたいよ…」

「appleで修理サービス終了してるiPhoneもどこかで修理できないの??」

という意見にお答えしてできたのがiPhone修理店ですッ!!

■世間では新品iPhone価格高騰中!ホントに買い替えはお得なの??の記事はこちら

iPhoneをまだまだ修理して使うならEyeSmart!

iPhone・Android修理のことなら修理専門店「EyeSmart」!

故障修理・各種設定・不要な端末の処分・買取など電話相談・無料診断を承ります

早めに原因や状況を把握することが解決の近道!まずはお気軽にお問合せください!
お見積もりまで一切無料♪お見積もりをご了承いただければ修理に入ります。格安修理料金にも自信あります!公式メーカーや他店と比べてください!スピード対応 最短で当日中の解決を目指します!

ご質問やご相談は無料‐Eyesmart稲毛・八千代

タイトルとURLをコピーしました