iPhone6、6+について

iPhone6、6+について iPhone6・6p

iPhone6・iPhone6+について

アイフォン6シリーズはiPhone5C、5Sシリーズの後継機として2014年の年末に発売されたモデルです。

大まかなスペックは下の一覧の様になり、iPhoneシリーズ特徴というべきことでメモリは依然として同時期に発売されたAndroid端末よりも少ない印象を受けますが、AppleはOSと端末を絶妙にチューニングすることで同時期のスマホの中でも高スペックを維持しています。又、画面も同時期の他社端末よりも比較的解像度が高めのモノを使用していました。

基本性能

  • CPUはApple A8、コア数2コア、クロックは1.4GHz
  • メモリ1GB
  • 画面パネルRetina HDディスプレイ、画面解像度750×1334
  • メインカメラ800万画素
  • 前面カメラ120万画素
  • 認証指紋認証機能

iPhone6シリーズはいつまで使えるの?

Phone6はiOSアップデートが、2019年iOS14.3でサポート対象外となりました。2020年秋もiOSアップデートがありましたが、iPhone6対象外(iPhone6s・iPhone6s plusは対象)でした。修理依頼は全盛期よりだいぶ減りました。OSサポートが切れたばかりな為か、まれにバッテリー交換などの依頼で訪れるお客様がいます。iPhone6の端末自体は壊れるまで使うことはできるため、ご自宅で予備端末としてWi-Fiを使用してiPhone6を使うか、音楽プレーヤーなどに使う、中には監視カメラとして使用している方もいます。

 

iPhone6・6+モデルの主な違い

両モデルとも外観の大きな違いは無く、基本的にサイズの違い以外は両方ともに共通した性能となっています。6+はサイズが大きくなった分のバッテリー搭載面積、持ちやすさ、画面の見やすさなどにバリエーションを広げたモデルという印象です。他にメインカメラ 光学手ぶれ補正機能は『iPhone 6 Plus』のみに搭載しておりカメラも若干性能が上がっています。(6は電子式手振れ補正のみとなっています。)

EyesmartでのiPhone6・6+の修理実績が豊富です。まだまだ修理受付中です!

端末の値段が安くなってきているので修理金額も下がってきていますので気になるお客様は是非とも一度チェックして見てください! メニューや価格についてはこちら

Apple

iPhoneの画面割れ修理!【八千代で安く修理したいなら!】

八千代でアイフォンの画面割れ修理を安く修理したいなら、イオンモール八千代緑が丘店内4FのEyeSmartにお任せください。当店はアイフォン修理の地域最安値に挑戦しております。八千代市でアイフォンの画面を安く交換、修理したいなら、是非EyeSmartに御相談ください!
Apple

iPhoneのアップデートに不具合!iOS15にアップデートでリンゴループに⁈

iPhoneのiOS15のアップデート後にリンゴループ等の起動障害が多く、データ救出のご依頼を多く頂いております。アイフォンのiOS15ではかなり危険な不具合が報告されており、それが原因でiphoneの起動障害(リンゴループ、アップルループ、起動できない等)の症状が多発しております。
Apple

iPhoneのバッテリー容量ってどれくらい?何時間持つの?

iPhoneのバッテリー容量は昔のアイフォンに比べてこんなに進化してるんです!2021年最新のiPhone13ProMaxから2008年に発売されたアイフォン3GSのバッテリー容量の差に驚きですよ!是非読んでみてくださいね!
Apple

iPhoneのデータ移行って横に置くだけでいいの⁈【データ移行2022年最新版!】

アイフォンのデータ移行のやり方が分からない!データのバックアップを取りたい!そんなお客様に2021年最新のデータ移行方法を修理スタッフが詳しく徹底解説!大事なアプリや思い出の詰まったiPhoneのデータ移行、しっかりと出来るように頑張りましょう!
Apple

iPhoneを壊す方法(悪用厳禁!!)

iPhoneの壊し方、方法を教えます。ただし、悪用厳禁!アイフォンの修理を普段行っている私たちですが、再生と破壊は表裏一体!修理をしているからこそ壊し方も詳しくわかる!修理店スタッフが紹介しちゃうiPhoneの壊し方!もう一度言いますが絶対に悪用厳禁でお願いします!
タイトルとURLをコピーしました